HOME > 不妊治療 > その他 > 高刺激法について知ろう!
HOME > 不妊治療 > その他 > 高刺激法について知ろう!

高刺激法について知ろう!

まとめ 不妊治療

高刺激法について知ろう!

卵巣刺激の方法を変えると卵子の質が良くなる?数がとれる方法を選ぶべき状態や気をつけるべき点は?高刺激法についてまとめました!

2019.5.2

あとで読む

どちらが自分に合っている?


40歳から体外受精を始め、ロング法で16個採卵しすべて陰性。転院先では初期胚移植で妊娠するも稽留流産…今後の採卵はどうすべき?



"俵先生:方法や薬の種類というより、その使い方が重要だと思いますね。使い方によっては、育ってくる卵胞の成長スピードを弱めてしまうなど、逆に悪い影響を及ぼす可能性もあります。"


卵子が多く採れた高刺激法、一度妊娠した低刺激法、次はどの方法で臨むべき?



成熟卵が採れない原因は?


体外受精にステップアップし、1年。AMHは歳相応、卵管造影も問題なく子宮内膜症などもなし。高刺激にすれば変化はある?



"岡田先生:どのような刺激をするにしても、刺激を開始する時点での卵胞の状態を確認することが大切です。リセットされた新しい卵胞がどれくらいあるかによって、質のよい成熟卵がどれくらい採れるか変わってきます。"


未成熟卵、空胞ばかりで移植できません



早発卵巣不全に高刺激法は有効?


早発閉経専門のクリニックへの転院を考え中…今までの方法とは変えたい気持ちはあれどリカバリーする時間を考えると不安。どうすべき?



"蔵本先生:もし高刺激法を選ばれるならば、ここから2〜3週間ほどFSH製剤やHMG製剤を連日大量に投与することになります。この場合、保険が利かないので費用は高額になるうえ、連続して高刺激を続けますと、卵巣が疲れてしまい反応が鈍くなるおそれがあります。"


早発卵巣不全の診断。専門クリニックへの転院と高刺激の排卵誘発は有効?



いかがでしたか?

前回は「低刺激法」についてお届けし、今回は「高刺激法」についてお届けしました。

自分に合った方法を選ぶためにも、正しい知識をつけていきましょう!

来週の木曜日は「妊活と運動」についてお届けします。お見逃しなく!


あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top