HOME > 質問広場 > 不妊治療 > AIH > 黄体化未破裂卵胞について

黄体化未破裂卵胞について

2020.1.31 11:07    0 0

質問者: かなこさん(35歳)

二人目不妊で、治療を行っております。一人目も治療して授かりました(タイミング法)
2人目の治療後、1年半前と10カ月前に繋留流産しております。
現在はタイミング法5周期→妊娠せず、今回初めて人工授精を行いました。
D5より5日間レトロゾール服用、D11で卵胞24mm、E2 188で、その日の22時と24時にスプレキュア点鼻を行い、
D13に人工授精を実施しました。D16に内診で排卵済みを確認、D20に採血を行いプロゲステロン 24で問題なく排卵しているとのことでした。
人工受精から2週間後に生理がきてしまったためでD5に通院して内診したところ、26mmの卵胞があり、経過観察となりました

1、排卵してもLUF(黄体化未破裂卵胞)になることはあるのでしょうか。
2、人工受精前に卵胞が大きめ(24mm)でしたが、LUFになってしまったことと関係あるのでしょうか。
3、D10に再度通院しますが、卵胞が小さくなっている可能性はあるのでしょうか。
  LUFになっている卵胞が破裂する可能性はあるのでしょうか。
4、今回は見送りでしょうか。レトロゾール服用で人工受精を実施できる可能性はあるのでしょうか。

乱文で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

応援する コメントする あとで読む

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top