HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 流産の悲しみが癒える本は?

流産の悲しみが癒える本は?

2005.11.1 14:23    0 14

質問者: ふぅさん(33歳)

先週、稽留流産の手術をしました。
主人に初めて胎児を見せようと楽しみにしていたところ、心拍がなくなっていました。(10週でした。)

1泊2日の入院は、優しい先生や看護師に囲まれて無事に済み、遠くから実家の母も上京してくれたので寂しさも感じることはなかったのですが、お腹の中が空っぽになったという喪失感はなかなか癒えることはなく、夜になると涙がぽろぽろ出てきます。

先生は「初期流産は自然淘汰のことが多い」とおっしゃっていますが、
「仕事を続けたのがいけなかったのか」とか
「気付かないうちに無理していたのだろうか」とか
「つわりが軽くなった時点で受診すべきだった」とか
自分を責めてしまうばかりです。

くよくよせず次に向けて前進すべきですが、今は流産した事実と向き合い、少しでも消化したいと思っています。
テレビも面白く感じないので、読書をしたいと思うようになりました。

同じような経験をされた方で、この本で前向きになれたという本がありましたら教えてくださいますか。
書店でいくつか見ましたが、働く女性や失恋した女性に向けての「やる気本」はいくつか見ましたが、なんだか違うような気がして買いませんでした。

皆さんのお知恵と経験を分けてください。
よろしくお願いします。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

ふうさんの辛い気持ち痛いぐらいに分かります。
私も今年の5月に流産しました。ちょっと気がゆるむとシクシク泣いてる状態でしたが、ある本に出会い立ち直ることができました。
二見書房から発売されている”ママのおなかをえらんできたよ。”
(著書:池川明)という本です。なんとも言えない温かい気持ちになれます。
死ぬほど悲しいことだったのだから、気持ちに無理をせずゆっくりゆっくり前に進みましょ。だいぶ寒くなってきました。風邪などひかぬよう気をつけて下さいね☆

2005.11.1 20:00 12

こたろう(26歳)

私も夏に流産しました。
やはりいろいろ思い当たるところを後悔して、いつまでも悲しい気持ちを引きずっています。

トイレに流れていってしまいどうすることもできませんでした。『産んであげられなくてごめんなさいね。』といいながら毎日お掃除しています。

上の子どもが心配してくれるのがよけいに辛くて・・・。

仕事ができなくなってしまったのでお休みしています。

2005.11.1 20:47 9

ピノリコ(40歳)

ふうさん、はじめまして。くまこです。とっても辛い思いをしましたね。私も、三週間前に流産の処置を受けました。
自分ではどうにもたち直れなそうな時、こちらで皆さんに聞いてもらいお返事をいただき少し救われました。今は泣くだけ泣いて悲しむだけ悲しんで良いと思います。こんな悲しいことってないですもの。。。

また、本ではないのですが、私は「ベビーライオン」というHPでたくさんの方の経験を読みました。読みながらがんがん泣いてしまいました。そしたらだんだん気持が落ちついて、「赤ちゃんが忘れ物して帰っちゃったんだからまた戻ってこれるような体にしよっう」ってメッセージを読んで、そう思うことで前向きになれました。ただ、この悲しみは一生無くならないと思いますが、、

「流産―もう、一人で苦しまないで」という本も紹介されてましたよ。
私はまだ読んでませんが。
ふぅさんの悲しみが少しでも癒えますように。。。

2005.11.1 20:55 12

くまこ(29歳)

私も昨年、繋留流産をしました。
悲しくて悲しくて、仕方ないですよね・・。
私の場合は、江原啓之さんの本を読んで、前向きに考えられる様になりましたよ。
何か、ふうさんに合う本が見つかればいいですね。少しずつ元気になって下さい(^^)☆

2005.11.1 22:28 56

はな子(29歳)

ふぅさんこんばんわ。
本当にお辛い経験されましたね。その後お体は大丈夫ですか?
私もふぅさんと同じ週数で流産した経験があります。
まだ残念ながら妊娠には至ってませんが、自分達のペースで焦らずにやっていこうと思っています。

さて本ですが、こちらのジネコでも話題にあがってたとは思います。。
「お母さんを選ぶ赤ちゃん」ジョナサンケイナー編
説話社 定価1200円

この本を読んで少し救われた気がします。
今でも時折読み返して

2005.11.1 23:46 11

ぴーちゃん(秘密)

すみません、途中で送信してしまいました!もう一度掲載お願い致します。

ふぅさんこんばんわ。
本当にお辛い経験されましたね。その後お体は大丈夫ですか?
私もふぅさんと同じ週数で流産した経験があります。
まだ残念ながら妊娠には至ってませんが、自分達のペースで焦らずにやっていこうと思っています。

さて本ですが、こちらのジネコでも話題にあがってたとは思います。。
「お母さんを選ぶ赤ちゃん」ジョナサンケイナー編
説話社 定価1200円

この本を読んで少し救われた気がします。
今でも時折読み返しています。
ちなみにHPもありますので「お母さんを選ぶ赤ちゃん」で検索してみてくださいね。

今はまだ辛いとは思いますが、この本を読んで少しでもふぅさんの悲しみが癒えることを願ってます。
大丈夫、ふぅさんは一人ではないですよ。

1日も早くふぅさん一家に赤ちゃんがきてくれますように!!!

2005.11.1 23:51 9

ぴーちゃん(秘密)

ふぅさん、つらかったですね。
私も流産経験者です。
ふぅさんと同じ、10週で稽留流産でした。

本当につらい体験だったので、今でも忘れることはできません。
私の場合、無理に前を向こうと思って、でも結果としては逆にツライ状況になってしまいました。

まずは、天使ちゃんのこと受け止めることから始められてはどうでしょう?

オススメの本は、「千の風になって」かな。
「わたしがあなたをえらびました」もいいかな。

2005.11.2 10:09 8

私も・・・(30歳)

本じゃないんですけど‥。
私は「もしかしてこれは流産かも?」と心配している時期から
いろいろネットで検索しては
同じ経験を持つ人たちのことを調べていました。
そのおかげで、診断がついた時にもすっと受け入れられたし、
まわりが心配してくれるほど、落ち込みも激しくなく、
術後の回復も心身ともに早かったです。

どのHPにも書いてますが、流産は珍しいことではありません。
私も積極的に(というほどではなく、隠さずにという程度ですが)
体調の悪かったときに迷惑をかけた人たちには
実はこんなことがあって‥と、話すようにしていたら、
私もそうだった、というひとが何人もいて。
今思いつくだけでも、私のまわりに流産死産経験者は7〜8人います。
中には2回、そんな経験をしている人もいます。
でも、私も含めみんな「お母さん」になってますよ。
そして、初期の流産は、どんなに手を尽くそうが、
ダメなときはやはり駄目なんです。
自分を責めることは、気持ちはとてもわかりますが、
まったく意味のないことだと、思うようにしてください?
ふぅさんには、まったく責任はなかったんです。
たまたま、間が悪かっただけです。
同じ経験をした人が、世の中にはいっぱいいて、
みんな乗り越えて、ちゃんとお母さんになっていくだから。

そして本の話ですが、私も本は好きです。
図書館でも、本屋さんでも、ぶらぶら歩いてみて、
読みたいなという気になった本を読むだけでも、
気分は変わると思います。
私は、普通の小説を術後の安静の間に読んでました。
物語に入り込んで、ふと現実に帰ると、別に「癒し本」でなくても
元気になれたりしますよ?
やはり「癒し本」と仰るなら‥、
私は「こころのチキンスープ」シリーズが好きで何冊か読みました。

子どもが小さい頃「キィ〜ッ」とぶち切れそうな時にも、
本の言葉が忍耐力をくれることがありました(笑)
何の本を読んでも、いろんな言葉に出会えると思います。
た〜くさんの元気がでる言葉に、ふぅさんが出会えますように!!

2005.11.2 10:53 9

たくゆ(秘密)

本ではありませんが…昔続けて2回流産した時に知った話です。
これでふぅさんの心が癒されるかどうかは分からないのですが、私は癒されたというより救われた気分になったのでレスさせていただきます。

赤ちゃんはママのお腹の中に来る前に、神様から自分の寿命を聞いて知っている。
自分が生まれることができないと知っていても、ママのお腹に来る事を選択した赤ちゃんは、ママの温もりに触れたいから。ママに少しの間だけでも愛されたいから。
自分が神様の下に帰っちゃった後、ママが悲しむ事は知っている。
だけど、赤ちゃんは我侭。
温もりに触れたいから・愛されたいからやってくる。

そんな話を知りました。
今頃赤ちゃんは、次にふぅさんのお腹にやってくる赤ちゃんに「ママは温かかったよ。優しかったよ」と命のバトンを渡していると思います。
今は心と体をゆっくり休めてあげてくださいね。

2005.11.2 11:20 9

よしき(30歳)

ふぅさん、こんにちは。
私もあなたと同じ様に繋留流産を経験しました。
少しでも悲しみを癒そうといろいろな本を読みました。
私の心に残っているのは「お母さんを選ぶ赤ちゃん」(ジョナサン・ケイナー著)です。
お母さんのお腹にいたときの記憶のものというより、どうやってお母さんを選んでお腹に来たかが書いてあります。
もう一冊はたしか「宇宙の夢、子宮の夢」だったか・・・
定かでなくてごめんなさい。
これも誕生前の記憶に関するものですが、あるお母さんが流産をして次に授かった子が生まれ出生の記憶を聞いたところ「前にも一度お母さんの所に来たけども入れ物が弱かったから居られなかった」とありました。でもまたお母さんを選んだということです。

流産の悲しみを忘れることはないですが、前向きにはなれました。
図書館などで探してみるといいですよ。

2005.11.2 12:24 6

みい(36歳)

ずばり、無いです。
どんな本でも、優しい身内でも、親身な友人でも、
この世に流産の悲しみを癒してくれるものなんてありません。

でもアナタの求めているものは自分の中にありますよ。
しばらくは苦しいですが、必ず見えてくるものがあります。
私の場合、それは「私が毎日悲しみに暮れているこの状態を
あの子は決して喜んではいない。これじゃあいつまでたっても
戻ってこれない。準備ができてない母親は選んでくれない」
という思いです。

何かを使って悲しみを癒したり忘れようとする必要はないんです。
それに、きっと何を試しても悲しみを払拭できることはありません。
たくさん悲しんでください。いっぱい泣いていいのです。
いつか必ずアナタの中でそれを癒してくれる気持ちが生まれますから。

自分を信じてがんばって!応援してます。


2005.11.2 17:56 6

アキコ(38歳)

私も10週で流産しました。
「心拍確認したから、もう大丈夫」と言われていたので、とても辛かったです。
ふぅさん、心身共にお大事にしてくださいね。泣きたい時は我慢せずに思いっきり泣いてください。

よしきさんの書き込み、とても感動しました。ありがとうがざいます。私も救われた気持ちになりました。

2005.11.2 21:37 6

ちぃこ(秘密)

こんにちは。
本は・・・わからないです・・・。

私も去年流産しました。
その日は朝から晩まで泣いていました。
そんな私をみて、旦那様は慰めるのではなく、思いっきり私を叱りました・・・。「お前がそんなんでどないするんや!!今回流産したのは悲しい事やし残念や。でも泣いててなんの解決になるんや!泣いてる暇があるなら、早く体調戻して今回流産しちゃった子供がまたいつでもお腹に戻ってこれる準備をしたらなあかんちゃうか?」と。

それで目が覚めました。
泣いててもなにも始まらない。流産しちゃった子供が戻ってくる訳でもないし。その子のためにも今自分に出来る事をしていこうとおもいました。後日、旦那様と供養にも行き、今年も流産した日に供養にいってきましたよ。

悲しみは未だに消えたわけではありません。
きっと、その子がまた戻ってきてくれた時に初めて消えるんでしょうね・・・。

ふぅさん、なかなか事実を受け入れるのは難しいですよね。
でもがんばって!!一日でも早くふぅさんの赤ちゃんが戻ってきてくれますように・・・。

2005.11.4 13:19 7

かな(27歳)

みなさま、たくさんの情報や励まし、ありがとうございます。
あれから1週間が経ちました。
心が忙しかったので、とても長かったような、
人生初の入院であっという間だったような不思議な気持ちです。

今まで経験したことがないくらいの涙をこの1週間で流しました。
今回のことで、主人の存在の大きさはもちろん、家族(特に義両親)の温かさ等を「ふぅちゃん(ふぅは胎児ネームでした)」が教えてくれたのかなと思えるようになりました。

色々な情報を本当にありがとうございました。
顔も知らない皆様の温かいお言葉に、ただただ感謝するばかりです。
紹介していただいた本やホームページやお話など、読ませていただきたいと思います。
次に赤ちゃんがやってきてくれたときに、お腹の赤ちゃんが安心して過ごせる、心の大きなお母さんにを目指して乗り越えたいと思います!

私と同じ境遇の方や乗り越えられた方々にも、たくさんの幸せがありますように。
ありがとうございました。

2005.11.4 18:12 6

ふぅ(33歳)

2031

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top