HOME > 質問広場 > 不妊治療 > IVF > 治療をやめるまであと少し

治療をやめるまであと少し

2013.7.22 12:10    0 12

質問者: 風さん(43歳)

不妊治療歴2年で、一度妊娠しましたが10週で流産しました。
そして今日、採卵しましたが空砲でした。

早く結婚して子供を産みたかったのですが、なかなか出会いがなく、婚活を頑張り続け40歳でようやく大好きな人にめぐり合い結婚できました。
年齢のことがあるので、すぐに不妊治療したく渋る主人を説得し、なんとか41歳から治療を開始しました。
時間がもったいないので、すぐに体外受精に進みました。
夫婦ともに不妊原因はなく、おそらく私の年齢だけだと思います。

採卵しても毎回2~3個、しかも空砲や変性卵も多いのですが、採卵できた時、授精した時、胚盤胞まで育つ時はいつもAAのグレードの良い状態です。
医師は、採れる卵の数は少ないが質のいい胚盤胞ができるのでまだ期待できる、治療を続けるかどうかはご主人とよく話し合って下さいとのことでした。

夫は数をこなせばなんとかなると思っていて、普段は休みなく働いている為、風は治療を頑張れ、俺は仕事を頑張ると言っています。
独身時代に貯めたお金があっという間に減っていき、治療の痛い思いとがっかりする思いの繰り返しに疲れてしまいました。
年内で治療は終わりにすると夫に宣言しました。

不妊治療をして夫婦の絆が深まったとか、夫から優しい言葉をかけてもらったとか聞きますが、うちはまったくないです。元々口下手なのですが、私が落ち込んだりイライラがつのった時くらいは何か声をかけてほしいです。

誰にも治療のことは話していないので、せめて夫婦で話したいのですが、口下手で忙しくて疲れている夫に私は色々と求めすぎているのかもしれません。
どこかで弱音をはかないと押しつぶされそうなので、こちらに書かせていただきました。
時短のパートを始めて生活を変えて、残り少ない治療期間を悔いのないように過ごしたいです。
長文で失礼いたしました。
同じような境遇の方のお話を聞かせていただけると嬉しいです。


応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

風さん

私も、間もなく43歳になります。
親しみを感じてしまい、投稿させて頂きました。

今日、病院の判定日で、先日新鮮胚盤胞5日目4AA移植しましたが陰性でした。

結婚は、20歳後半にしたのですが、子どもはまだ先で・・・と私が先延ばしにした為に、治療も先延ばしにした為に・・・
現在、まだ子どもに恵まれず、主人には申し訳なく思っています。

私も、40歳の時に10週流産を経験しています。
その後、体外受精は41歳から始めて、先日が6回目の移植でした。
今まで、胚盤胞8個、初期胚2個移植しました。

採卵は、今回2回目なのですが、前回の採卵数13個、今回は、チョコレート嚢胞も見つかり採卵数1個でした。

年齢や右卵管閉塞、チョコレート嚢胞もあり、治療も出来てもあと半年位でしょうか・・・
もう、無理なのかなと心が折れそうになります。
数日前から、主人と治療を続けるか、二人の生活をするか話していますが、決断出来ないでいます。


どうしても、病院へ行くのが女性メインだったり、主人が仕事で忙しいのは理解しているつもりですが・・・
主人が治療への関心が少ないように見えてしまったりします。

私の愚痴になってしまい、すみません。





2013.7.22 15:54 9

はなもも(42歳)

はなももさん、お返事をありがとうございます。
お互いに、今日は残念な結果になってしまいましたね・・・
私も20代の頃は、望めばすぐ妊娠できる、治療すればすぐできると思っていましたので、あまりご自分を責めないで下さい。

私の夫も血液検査の為に一度診察を受けただけで、不妊治療は女性が頑張るしかないと思っているようです。
もちろんそうなのですが、もうちょっと寄り添ってほしいなと思ってしまいます。
私が言わなければ、今日は病院で何をするのか、採卵の結果なども聞いてきません。
仕事が忙しく、ストレスもたまっているのもわかるのですが、せめて診察日くらいは気にかけてほしいなと思います。
病院に付き添っているご主人を見ると、うらやましいなと思ってしまいます。

治療をやめると決めても、本当は怖いです。
治療しても妊娠できなかったら、夫婦二人で生きていくことになんのためらいもなかったのですが、治療を開始した頃から主人の仕事が忙しくなり、夫婦の時間がなくなってしまった今は不安と孤独に押しつぶされそうです。
妊娠て本当に奇跡なんだなとつくづく思います。

2013.7.22 18:13 8

風(43歳)

風さん、はじめまして。45歳のとくこと申します。

私も40歳から治療を始め、すぐに妊娠しましたが8週で心拍確認後に流産になってしまいました。その後も稽留流産を2回・・・
風さんと同じく私も早く結婚したかったのですが、婚活(その当時はこんな言葉なかったです・・・)もなかなか実らず、主人と出会って結婚したのが37歳でした。
私はすぐに不妊治療を開始したかったのですが主人が二の足を踏み、結局初めての採卵は40歳でした。結婚してからの2年間がなんと貴重だったことか、と今になって思います。説得してすぐに治療を始めていたら今頃は1人くらいかわいい子がいたかも、と後悔しています。
でも今更いくら考えても時間は戻りませんものね。最近は今できることを精一杯やるしかない、と思っています。

私は45歳の今でも採卵すれば卵は採れます。低刺激でも5個採卵できたこともありました。ただ成長が遅いときもあり、6日目胚盤胞で凍結することのほうが多いです。

>独身時代に貯めたお金があっという間に減っていき、治療の痛い思いとがっかりする思いの繰り返しに疲れてしまいました。

このお気持ち、よくわかります。私も同じです。毎月一喜一憂するのに疲れてしまいました。主人ともよく話し合い、現時点で複数個凍結してあるのでもう採卵はせず、順に移植していく予定です。

うちの主人は自分でも不妊治療についてよく勉強してくれています。しかしそんな主人でも「数をこなせばなんとかなる」と思っているフシがあります。やはり男性には女性の年齢による限界をというものはわかりにくいのでしょう。こればっかりは話し合っていつ終わりにするか決めるしかないですよね。

>風は治療を頑張れ、俺は仕事を頑張ると言っています。

口下手でも優しいご主人じゃないですか。不妊治療さえさせてくれない理解のない旦那さんもいるのだし、恵まれていますよ。
私は最近は「もういいかな」と気持ちの整理が着きつつあります。昨年末から半日のパートを始めたことも大きいかもしれません。結婚してからずっと専業主婦だったので、治療をやめたときのことを考えて社会復帰しなければ、と思ったのです。

ご主人といっぱい話してください。口下手でも話は聞いてくれるのでしょう?風さんが弱音を吐くのをただ聞いてもらえばいいじゃないですか。そばにいてただ聞いてもらう、それだけでも気持ちは軽くなりますよ。一人で抱えこまないでください。
私も残り少ない不妊治療、これ以上の後悔はしないようがんばりたいと思います。お互い無理しないようにしましょうね。

2013.7.22 18:52 9

とくこ(45歳)

風さん

こちらこそ、お返事をありがとうございます。

多分、風さんのご主人もうちの主人も忙しい年代なのかもしれませんね。仕方ありませんね。

風さん、今日は残念な結果だったようですが、まだ良好胚盤胞が得られるということは、主治医がおっしゃるように私も期待出来ると思います。

風さんのお陰で、元気が出てきました。ありがとうございます。
お互いにもう少し、がんばりましょう。

2013.7.22 19:46 8

はなもも(42歳)

治療歴3年、IVF6回目の治療中です。
30代前半で卵巣のう腫で1つ取り、その後、IVFに抵抗があり自分たちでタイミングしてました。
時間だけが経ち、35歳あたりで周りは第二子妊娠出産ラッシュ。
焦り、36歳でやっとIVFしました。
ここで第一の後悔。さっさと治療すれば良かったな、と。


治療は、今年いっぱいと思ってましたが、今回がラスト。
ホルモン注射(自己注射を選択)をしていると、いつまで続けるのか、自分の身体を傷つけてるような気持ちになって、もう頑張れないかも、と思ったのがきっかけです。

AAの胚盤胞だなんて、うらやましいです。
私はCCとかBCなど、いままでAは見たことありません。
卵子も取れても、3~5つ。
それで胚になるのは多くて2つです。
今回ラストで、やっとBBの良い胚となりました。
先生の勧めで凍結して、9月に移植することにしました。

前の病院ではすべて陰性。
今の病院に転院して一度目で化学妊娠でしたが、陽性を見れました。
早く転院すれば良かったと、第二の後悔です。
でもこれが良い結果に繋がれば、と強く願いながら頑張ります。

主人は協力的です。
勉強はしてませんが、とても身体を気にしてくれていて、ダメなときは当たっても、受け止めてくれてます。
口下手でも、何も言ってくれなくても、風さんのこと思ってくれていて、二人の生活でも良いと考えているのかもしれません。
物足りないけど、何も言わないのも優しさですね。
夫に励まされたとき、私の気持ちなんて分からないくせに、て思ったことがありますので。

夏バテしないようにしましょうね!
皆さんが(私も含めて)、母になりましょうね!!!

2013.7.22 20:51 7

よしこ(39歳)

>風は治療を頑張れ、俺は仕事を頑張ると言っています。

なんか、素敵なご主人様だな~って、思ってしまいました。

不妊治療中は、理解不足の夫、積極的でない夫にイライラしてしまうケースが多いのですが・・・

男性は一般に、結果を求めます。
あいまいな状況に長く耐えられる女性とは、根本的に違うと感じています。

男性が本気で不妊治療に取り組みはじめたら、おそろしいことになりますよ。
「どうだった?どうだった?」と逐一、訊かれ、「次はこうしろ」、「あれとあれがダメなんじゃないか」と突き詰めはじめ、不妊を必要以上に問題視してしまいます。

私の友人のご主人が、最初は乗り気でなかった治療なのに、調べはじめたらハマってしまい、結果が出ないことで、友人が辛くなってしまい(別にご主人は責めているわけではないけれど、「次はこうしろ」と助言されると責められた気になる)、泣いて訴えて治療をやめさせてもらっていました。
(ご主人は納得がいかず、以来、不仲です。)
友人は、「ほどほどの関心が良い」、「知りすぎた夫はおそろしい」と、言っていました。

私も同感です。
不妊治療は、仕事のプロジェクトじゃありません。
努力や工夫が結果につながるとは限りませんし、女性の身体に負担もかけます。メンタルな面も重要ですよね?
男性は熱心になると、変な方向に走りがちです。

主様のご主人様の距離感、素敵だなと思った次第です。

2013.7.23 09:13 14

すみれ(42歳)

とくこさん、お返事をありがとうございます。
私は稽留流産は一度だけですが、大人になってからあんなに声をあげて泣いたことはなかったくらい悲しかったです。
とくこさんは、何度もそのような辛いご経験をされているのですね。

確かに、昔は婚活なんて言葉はなかったですね。
婚活が話題になりはじめた頃は、若い世代の人達まで結婚を急ぐようになり、ますます結婚できなくなると随分焦りました。
でも、久しぶりに大好きと思える人に出会い、結婚までできて、一生分の幸せをつかんだような気持ちになっていました。
その上、子供まで望むなんて上を見過ぎるからうまくいかないのかなと思ってしまいます。

5個も採卵できるなんてうらやましいです。
私は2~3個採れても最終的に胚盤胞までいくのは毎回1個です。
だからいつも採卵から始めるので、体もお金も辛いです。
去年は半年間毎月採卵しましたが、一度も移植まで進みませんでした。

>不妊治療さえさせてくれない理解のない旦那さんもいるのだし、恵まれていますよ。

この言葉にハッとさせられました。
確かに、疲れているのに早起きして精子を採取してくれるし、何も言わなくても協力してくれてるんですよね。
いつも採卵の結果を私から話していたのですが、昨日は主人から聞かれるまで話さないと決めこんだら、昨日も今朝も何も聞いてきません(泣)
でも、私の態度でうまくいかなかったと気付いたのかもしれませんね。
とくこさんのおっしゃる通り、聞いてもらうだけでも楽になれますよね。
今夜さっそく思っていることを話したいと思います。
ありがとうございました。
移植が成功することを祈っています。


2013.7.23 09:32 1

風(43歳)

はなももさん、またお返事を頂きありがとうございます。
確かに40代は忙しい年代ですよね。
家族の為に頑張っている主人に、文句を言うなんてバチが当たりそうです。

はなももさんにも期待できるとおっしゃって頂き、なんだか前向きになれました。

はなももさんに赤ちゃんがきてくれることを祈っています。
ありがとうございました。

2013.7.23 09:39 0

風(43歳)

よしこさん、お返事をありがとうございます。
30代でしたら、私もIVFには抵抗があったと思います。
その頃に、今のような不妊治療についての報道や、芸能人のカミングアウトのような風潮があれば、もしかしたら違っていたかもしれませんね。

自分の身体を傷つけてるような気持ちというのは、とても共感できます。
私は今年から、もう注射しても採れる卵の数は少ないからとクロミッドだけになりました。
注射代が浮いた~なんて強がっていましたが、内心は落ち込みました。

>物足りないけど、何も言わないのも優しさですね。

おっしゃる通りかもしれませんね。
なんだか自分が恥ずかしくなってしまいました。
不妊治療された方の本を読むと、あまりに優しい言葉を奥さんにかけているので、私も同じことを主人に求めてしまいました。
きっと私も励まされたら励まされたで、怒りをぶつけてしまいそうです。

次がラストの移植とのこと、どうかどうか成功しますように。
ありがとうございました。

2013.7.23 09:54 3

風(43歳)

すみれさん、お返事をありがとうございます。
男性と女性の違い、とても納得できました。
確かに、理解不足で積極的でない男性が多い中、すみれさんのご友人のお話は、読んでいて恐くなりました。
責めているつもりではないのに、責められているように感じるのは辛いですね。
私は夫に何を求めていたんだろうと、気付かされました。

私達夫婦の距離感を素敵とおっしゃっていただき、夫へ申し訳ない気持ちが高まりました。
すみれさん、ありがとうございました。

思い切ってこちらに愚痴をこぼさせて頂き、本当によかったです。
凝り固まった自分の考えで、おかしくなりそうでしたが、皆様のお話を伺って救われました。
暗い気持ちのまま残りの治療を続けるところでした。
感謝しています。
治療中の皆様の願いが叶いますように。

2013.7.23 10:15 2

風(43歳)

私もすみれさんと同じく、風さんはご立派なご主人だなあと思いました。
“風は治療を頑張れ、俺は仕事を頑張る”、この言葉素敵ですね。
ご主人だって、仕事で辛いことやストレス、プレッシャーがあると思いますが、それをいちいち風さんに、こぼしますか?
もし、そうでないなら、愚痴をこぼしたくても、耐えてがんばっているのは、風さんだけでなく、ご主人も同様だと思います。

私の主人も不妊治療の際に、励ましの言葉など何もありませんでした。泣きたい時は1人でお布団かぶって泣きました。ただ、現状を理解してもらいたいので、今後の治療の説明や検査の結果の報告を聞いてもらっていました。励ましは、不妊治療をしていることを知っている友達や姉からもらうようにしていました。

私も2年前に結婚(超晩婚)をして、すぐに不妊治療を始めて、受精卵のグレードはAAなんてなったことなかったですけど、無事、最近出産しましたよ。
「まだ期待できる」とお医者さんもおっしゃっていることですから、それを信じで、ご自分が設定した期限までは、どうぞ前向きに明るくお過ごしください。

2013.7.23 23:54 3

ゆり(45歳)

ゆりさん、お返事をありがとうございます。
皆さんに主人を褒めて頂いて嬉しいです。
私は主人の言葉を、私だけが治療を頑張ればいい、俺は関係ないというように受け取ってしまいました。
私だけが病院に通っているけれどこれは夫婦の治療なのよと責めてしまったこともあります。

ゆりさんのおっしゃる通り、男性も多くのストレスや愚痴を我慢しているのに、自分のことばかり考えてしまったことを反省しました。
芸能人の不妊治療の本やブログを見て、同じような態度を主人に要求してしまいました。
多くの方が一人で抱えて耐えているのに、甘えていたなと思いました。

最近ご出産されたとのこと、おめでとうございます。
とても希望が持てました。
医師の言葉を素直に受け止めて、前向きに信じて進もうと思います。
ありがとうございました。

2013.7.24 09:58 3

風(43歳)

1966

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top