HOME > 不妊治療 > 治療デビュー > 【Q&A】二人目が授からず、不妊治療をすべきか悩んでいます-北村先生
HOME > 不妊治療 > 治療デビュー > 【Q&A】二人目が授からず、不妊治療をすべきか悩んでいます-北村先生

【Q&A】二人目が授からず、不妊治療をすべきか悩んでいます-北村先生

専門医Q&A 不妊治療

【Q&A】二人目が授からず、不妊治療をすべきか悩んでいます-北村先生

36歳で自然妊娠し第一子を出産。二人目をタイミングで妊娠するも稽留流産。明大前アートクリニックの北村先生にお答えいただきました。

2021.2.11

あとで読む





相談者:りなさん(39歳)



二人目が授からず、不妊治療をすべきか悩んでいます
36歳で第一子を自然妊娠し、出産しました。この時は妊活を初めて6周期目(排卵検査薬を使用して3周期目)で妊娠しました。
37歳から第二子の妊活を始めました。毎回排卵検査薬を使用しています。6周期目で妊娠したものの、5週で自然流産。その後タイミングは取るもののずっと妊娠出来ず、1年半経った最近ようやく妊娠しましたが、9週で稽留流産でした。
あと数日で40歳になるので、とても焦っています。ここ数年で妊娠出来る間隔も長くなっており、次一体いつ妊娠出来るのか、出来ても流産して出産まで辿り着けないのではないのか、不安でたまりません。
流産手術をしてもらった病院に不妊治療(体外受精)をした方がいいのか尋ねたところ、妊娠出来ない訳ではないから治療は必要ないと言われました。
本当にこのまま自然妊娠を目指して大丈夫なのでしょうか...。



北村先生からの回答




かかっている病院で「妊娠出来ない訳ではないから体外受精は必要ない」と言われたのは、ある面では間違いでないとは思います。
しかし、りなさんの場合は妊娠しにくい状態と思われ、年齢も上がって来ているので体外受精をすることで周期ごとの妊娠する確率を上げる必要性が大きくなっていると思われます。


出産後は流産が2回続いていますし、着床や免疫の検査もしても良いでしょう。


 



[無料]気軽にご相談ください

お話を伺った先生のご紹介

北村 誠司先生


荻窪・虹クリニック院長を経て、2018年2月に「明大前アートクリニック」を開院。
1989年より、IVF及び内視鏡下手術に従事。子宮鏡下手術による胚移植の改善、腹腔鏡下手術による子宮筋腫、内膜症の解消・改善を図ると同時に、妊娠困難症例に対しても新しい治療法を取り入れている。また、クリニックでは男性不妊も含めた高度生殖医療にも対応。新しいクリニックは白を基調としたスタイリッシュな雰囲気。最近、スポーツバイクを購入し、通勤されているという快活な先生です。


≫ 明大前アートクリニック

image


あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top