ジネコHOME > 不妊治療 > 男性不妊 > 【夫婦で読みたい】一緒に知ろう男性不妊のこと
ジネコHOME > 不妊治療 > 男性不妊 > 【夫婦で読みたい】一緒に知ろう男性不妊のこと

【夫婦で読みたい】一緒に知ろう男性不妊のこと

まとめ 不妊治療

【夫婦で読みたい】一緒に知ろう男性不妊のこと

男性にも不妊の原因があることも多い…と耳にした方も近年増えたのでは。ここで一度、正しい知識を「一緒に」みてみませんか?

2018.12.12

あとで読む

不妊カップルの2~3組に1組は男性側にも不妊原因が


ジネコ読者に行ったアンケートでは、男性に不妊原因があると答えた人は26.6%でした。WHOの調査でも高い割合となっています。男性不妊の原因と治療法について、とくおかレディースクリニックの徳岡晋先生にお伺いしました。



"男性不妊がわかった場合、男性の多くは責任を感じて萎縮してしまいます。原因はそれだけではないことも多く、治療は夫婦二人でするものです。通院回数はどうしても女性のほうが多くなりますが、ぜひ一緒に病院に行き、二人で頑張ってほしいと思います。"


不妊カップルの2~3組に1組は男性側にも不妊原因が



不妊男性の○割以上が乏精子症!?男性の不妊症が意外と深刻…。


不妊に悩むカップルは世界的にとても多く、それに伴い生殖医療もどんどん進歩してきています。これまで「不妊」は多くの場合、女性に問題があると捉えられてきましたが、じつは男性側にも原因があるケースも多く、それを男性不妊といいます。中でも問題になっているのが「乏精子症」。

今回は、この男性不妊の引き金となる病気について医師に伺いました。



"男性不妊の原因として最も多いとされる乏精子症とは、何らかの理由で精液の中の精子の数が少なくなっているものを指します。"


不妊男性の○割以上が乏精子症!?男性の不妊症が意外と深刻…。



精子の奇形率が高い男性不妊でも妊娠できる?


なみ平さん(33歳)からの相談

●奇形率の高い男性不妊でも妊娠できる?

乏精子症、精子無力症、奇形精子で顕微授精を2回しましたが、受精できても胚盤胞まで一度も育ったことがありません。特に奇形率が高く、濃縮処理後でも80~90%です。通院している病院からは「奇形率が高いのが一番難易度が高く、治療方法はない。当分は3週間ごとに精液検査をして、良い結果の時に凍結することを何度か繰り返して顕微授精をするしかない。長期戦になりますよ」といわれました。ちなみにこの病院ではTESEを行っているようですが、特にすすめられませんでした。30代半ばなので、数年もかけたくありません。もう途方に暮れています。



"2010年にWHOが精液検査における正常値を見直し、新たな基準を発表したのですが、それによると正常形態率で4%以上、すなわち奇形率では96%未満が正常となっています。"


精子の奇形率が高い男性不妊でも妊娠できる?



男性不妊を改善する日常生活とは


子の元にたどり着くには十分な運動能力がある精子が必要です。



3つの種類のうち、乏精子症や精子無力症はストレスの影響が大きいことがあります。


ですから精子の数も体調によってムラがあることも多いのです。このような症状は、鹿角膠・亀板膠などの動物性補腎薬が有効である場合があります。


錠剤や丸剤などの製剤もあり手軽に服用することができます。多くの場合2~3か月で効果が出ることが多いようです。



"男性不妊の9割が元気な精子をつくりだすことができない「造精機能障害」です。造精機能障害の種類は以下の3つです。"


男性不妊を改善する日常生活とは



男性不妊への東洋医学的アプローチとは


東洋医学での男性不妊治療は、原因によって改善可能な場合と不可能な場合があります。精液のなかに精子が見当たらない「無精子症」は、鍼灸治療で改善されることはありません。しかし、精子の数が少ない「乏精子症」は鍼灸治療が可能です。

東洋医学では「腎虚」が不妊の原因と考えます。これは生殖器を司る「腎」の働きが弱い状態を指します。そこで腎の働きを改善する漢方の補腎薬で足りないものを補いつつ、「腎兪」のツボに鍼灸を行って腎の働きを改善します。また、手足のツボなどを刺激することでストレスから乱れがちな自律神経を整えたり、全身の血流をよくする鍼灸も行います。



"治療は週1回、最低でも3か月は続けてください。初回の問診や治療だけではわからないことがたくさんあります。"


男性不妊への東洋医学的アプローチとは



重度男性不妊の有効な治療法は?


相談者:あさん(42歳)



転院についての相談



1年前のヒューナーテストではエクセレントといわれたのですが、転院したクリニックの検査結果では、精子の液量1.5ml、濃度36.0M/ml、運動率31%、正常精子0.4%で、重度の男性不妊といわれました。これまで2回の採卵で受精卵が16個できているのに、胚盤胞の基準が満たせず1個も凍結できていません。同じクリニックに通院している方は、私より受精卵の数が少なくても凍結できています。イムジーをすすめられていますが、イムジーを行っている病院は少なく、転院もすぐには難しそうな感じです。お聞きしたいのですが、重度の男性不妊でヒューナーテストがエクセレントということはありますか?1年で重度の男性不妊になることはあるのでしょうか。治療法がないといわれ、今、夫は還元型コエンザイムQ10と亜鉛、葉酸のサプリメントを飲んでいます。



"保坂先生:精子の状態というのはその時の体調などによってバラつきがでやすいので、当院でも、ヒューナーテストで問題がないという方でも必ず精液検査をしていただいています。"


重度男性不妊の有効な治療法は?



あとで読む

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top